2006年10月23日

ジャニーズ、ハリウッドを制す? アカデミー賞に近いのはキムタクより二宮… 【東京国際映画祭】

東京国際映画祭のオープニング・イブ作品として初めて邦画として選ばれた『武士の一分』のワールド・プレミアが10月20日(金)開催され、主演の木村拓哉、ヒロインの檀れい、桃井かおり、山田洋次監督が出席した。日本の美しい四季の一部を切り取ったというイメージで真っ赤に紅葉したもみじが敷き詰められた“紅葉ロード”を歩きながら、壇上へ上がり、シャンパンで祝杯をあげた。

木村からは「映画に出演はしたけれど、できあがってしまったら、あとは届ける役目」と作品への自信からか、観客に判断を委ねるように挨拶。来場したロサンゼルス市のアントニオ・ビヤライゴサ市長からは、ハリウッド進出をラブコールされる一幕も。

そんなハリウッド進出を木村より早く実現させてしまったのが、後輩である嵐の二宮和也。21日(土)に行われた東京国際映画祭の開幕イベントで来日している『父親たちの星条旗』の出演者と『硫黄島からの手紙』の出演者がエールを交換した。二宮は、硫黄島の戦いを日本側からの視点で描く『硫黄島からの手紙』に兵士役で出演している。『父親たちの星条旗』が、東京国際映画祭のオープニング作品となり、主演のジェシー・ブラッドフォードと、アダム・ビーチ、原作者ジェイムズ・ブラッドリーがレッド・カーペットを歩いた。レッド・カーペットの先にあるアリーナイベントで、二宮のほか、加瀬亮、伊原剛志も会場に姿を現した。

『硫黄島からの手紙』に主演している渡辺謙と監督のクリント・イーストウッドからはビデオレターが届けられ、出演者は大御所の登場に緊張の面持ちで食い入るようにスクリーンを見つめた。“父親たち”がすでにアカデミー賞有力候補と目されているが、“硫黄島から”も、もしかするともしかするかもしれない。二宮からも「(賞を)3つくらい獲りたい。渡辺謙さんについていく!」と賞に対しても意欲マンマン。

山田監督の『たそがれ清兵衛』はアカデミー賞外国語映画部門にノミネート、木村自身も『2046』でカンヌ国際映画祭に参加経験ありということから、『武士の一分』に対する海外から寄せられる視線は熱い。それほど遠くない日に渡辺に続き、ハリウッドを制する日本人スターは、ジャニーズから誕生するかもしれない。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

TOKIO初のライブハウスツアーがDVD化決定!

10月18日発売に発売したアルバム『Harvest』が売れ行き好調なTOKIOが、デビュー後初のライブハウスツアーの模様を収録したDVDを発売することがわかった。 ■大注目のDVD収録内容はこちら

 2006年2月4日〜3月31日に行われた「TOKIO 明日を目指して! LIVE TOUR!! 2006」公演のステージにて、山口達也が発案し、TOKIOメンバーがファンに実現を約束したのが発端。

 そして、「TOKIO Special GIGs 2006〜Get Your Dream〜」として、6会場10公演21500名を動員して実現を果たし、ライブハウスならではの貴重なパフォーマンスを、臨場感溢れるステージで会場に来たファンを魅了した。

 小さな箱ライブということもあり、観に行く事ができなかったファンも多く、DVD化を要望する声が多数あがっていたが、今回、満を持してリリース。映像で収録したこのライブDVDは、ファン必見のアイテムとなること間違いなしだ。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TOKIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【第19回東京国際映画祭】二宮和也は英語ペラペラ? ハリウッドスターとナイショ話!?

21日、六本木ヒルズに敷かれたレッドカーペットをたくさんの俳優、監督が歩き、第19回東京国際映画祭が華やかに開幕した。今年の映画祭で、オープニング作品に選ばれたのはクリント・イーストウッド監督の“硫黄島”2部作の第1弾『父親たちの星条旗』。

 メイン会場であるアリーナへレッドカーペットを歩く約300名のゲストたちの最後を飾ったのは、オープニング作品『父親たちの星条旗』に主演しているジェシー・ブラッドフォードと、アダム・ビーチ、そして原作者であるジェイムズ・ブラッドリー。3人がアリーナに姿を現すと、会場は大きな歓声と拍手に包まれた。

 『硫黄島からの手紙』は太平洋戦争の“硫黄島の戦い”を日米両側からの視点でとらえた2部作。『父親たちの星条旗』に続いて12月8日に公開される。

 日本側の兵士たちを視点に描いた本作は、アイドルグループ嵐のメンバーとしても活躍中の二宮和也や『SAYURI』などで、世界中にその名を知られている渡辺謙が主演を務める。この日は、『硫黄島からの手紙』に主演している二宮のほか、加瀬亮、伊原剛志が会場に現れ、アメリカ側のキャストたちとともに『父親たちの星条旗』のオープニング上映を祝福した。

 『父親たちの星条旗』で戦争の現実に苦しむ若き兵士を熱演、ニコラス・ケイジ主演の『ウインド・トーカーズ』ではナバホ族の言葉を暗号として操る通信兵役で絶賛されたアダム・ビーチのとなりに立った二宮は、「この映画を観たときは、本当にさみしい、悲しい気持ちが胸に迫ってきて、しばらく言葉が出ませんでした。この映画を観たことを機会に、ぜひ戦争の真実を見つめなおしてほしいです」と観客に訴えた。

 ファンの黄色い声援にも終始緊張気味の二宮だったが、となりのアダムに英語で語りかけられると、笑顔でしゃべりかえしていた。何を話していたのかは分からなかったが、2人のナイショ話はしばらく続き、アダムとはすっかり打ち解けた模様。どうやら英語で(?)話していた二宮からは、数か月に及んだ巨匠クリント・イーストウッドとの仕事で育んだであろうハリウッドスターとしての自信がみなぎっていた。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

キムタク 後輩・赤西にメッセージ

SMAP・木村拓哉(33)が活動休止を明らかにした後輩のKAT-TUN・赤西仁(22)にメッセージを送った。「エールは送らないですよ」としながらも「目に力があったから大丈夫。これから何をするにしても(前進して)行ってほしいなと思う」と自らの道を選んだ後輩を温かく見守った。
 SMAPとしても、現オートレーサーの森且行氏の脱退を経験しており、「僕らもたまたまメンバーの中から違った人生を送る人が出たけど、そのときも理解していたつもりだし、今も応援している」と振り返った。その上で「本人の考えがあった上での決断。本人が一番考えてるだろうし、周りには理解できない、彼にしかわからないこともあるから無責任なことは言えない」とコメントした。
 この日は主演映画「武士の一分」(山田洋次監督)が、邦画で初めて東京国際映画祭のオープニングイブ作品として上映され、舞台で木村は「この作品はもう皆さんのもの。僕は届け役にすぎない。いろいろな受け取り方で楽しんでほしい」とあいさつ。レセプションパーティーではゲストのアントニオ・ビラヤイゴーサロサンゼルス市長に「次のフィルムはぜひロサンゼルスで」とラブコールを送られ、「タイミングがあればぜひお伺いしたい」と話していた。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

嵐初の来韓コンサート、チケットは1時間で完売

【ソウル19日聯合】日本のアイドルグループ・嵐の来韓公演チケットが、発売間もなく完売した。SMエンターテインメントとチケット販売サイトのインターパークが19日に明らかにしたところによると、18日午後9時にインターネット上で発売を開始したところ、1万2000枚が1時間10分で売り切れとなった。サイトへの同時アクセス数は最高で20万件に達した。

 嵐のアルバムを国内で流通するSMエンターテインメント関係者は、「ネット上のファンクラブは会員数が20万人を超える」と紹介、韓国では初のコンサートとなるため、さらに注目が集まっていると説明した。

 嵐の来韓コンサートは、来月11日から2日間、ソウル・オリンピック公園内オリンピックホールで行われる。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

マッチ 赤西に「男として結果出せ」

歌手の近藤真彦(42)が17日、語学留学のため、人気グループ・KAT-TUNとしての活動休止を表明した赤西仁(22)に“男気エール”を送った。この日、横浜市内でクラシックカーレースイベント「ラ フェスタ ミッレミリア」に参加した近藤は、同じ事務所の後輩が描く夢に理解を示した。男として成長し、結果を残すことが復帰を待つファンの声に応えることになると温かいゲキを飛ばした。
 赤西よ、大きくなって戻って来い-。海外での“武者修行”を宣言した後輩に対し、マッチが「“帰ってきて結果を出せ”だね。男としての結果を残せ!成功しろ!」と厳しくも温かいエールを送った。
 長年、芸能界のトップを走り続けてきた。レースビジネスを中心に活動した時期も経て、今は両立。表舞台から姿を消せば、ファンが離れる危険性があることを知っている。それだけに「本人も分かっていると思うけどリスクはある。できれば成功して帰ってきてもらいたい」とうなずいた。
 14日に赤西が開いた緊急会見では“留学理由など説明が不十分”との声も上がった。それでも「“充電します”とかあるじゃない。引退って言って戻ってくる人もいる」とフォロー。「(赤西は)“成長したい”っていう向上心の方が絶対強い」と理解を示した。
 後輩の姿は自分と重なる。人気絶頂だった18、19歳当時、海外留学の夢を描いた。「友達に止められてやめた。30歳になって“あの時とどまって正解だった”と思った。応援してくれる人がたくさんいたから」と告白。同じ思いを抱いた経験者として、「結果が出なかったらミスチョイスじゃないか」とゲキを飛ばす場面も。大先輩の言葉を赤西はどう受け止めるのだろうか。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 近藤真彦/少年隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

SMAP快挙!40作連続トップ10入り

国民的人気グループ、SMAPが11日にリリースした通算40作目のシングル「ありがとう」が10月23日付オリコンシングルチャートで初登場1位となることが16日、明らかになった。SMAPのシングルトップ10入りは、91年のデビュー曲「Can’t Stop!!-Loving-」から通算40作連続となり、自身の記録を更新し、歴代単独1位となった。15年1カ月での40作到達は、ZARDの15年3カ月を抜いて史上最速記録となる。
 ♪こんなにも素敵な人達がそばにいてくれた  ありがとう ありがとう-デビューから15年、支え続けてくれたファンへの感謝を込めた通算40枚目のメモリアルシングルが記録ずくめの初登場1位となった。
 02年5月発売の「freebird」から7作連続、通算18作目の1位。トップ10入り40作は、サザンオールスターズの42作、ZARDの40作に次いで3組目となったが、連続ではB’zを引き離し単独1位に立ち、SMAPの名をしっかりと刻み込んだ。
 91年9月のデビュー曲で最高位2位を記録して以降、その歩みを止めることはなかった。03年には、「世界に一つだけの花」が250万枚を超えるセールスを記録し、さらに「夜空ノムコウ」、「らいおんハート」、「shake」でもミリオンセールスを記録するなど、大きな存在感を示してきた。
 40枚目の今作は、10月9日の東京ドームで終了した22公演に及ぶ100万人動員の全国ツアーでは、本編の最後に歌われ、すっかりファンにも浸透。さらに草なぎ剛(32)主演のフジ・関西系新ドラマ「僕の歩く道」(火曜後10・00)の主題歌ともなっており、10日放送の初回は平均視聴率19・3%と好スタート。ドラマの盛り上がりとともに、セールスもますます伸びそうな気配だ。王者SMAPの快進撃は止まらない。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

キムタクが「華麗なる一族」になる

視聴率男・SMAPの木村拓哉(33)が1年半ぶりに連続ドラマに主演する。山崎豊子氏原作のベストセラー「華麗なる一族」をドラマ化したTBS・MBS系ドラマに出演するもので、来年1月から放送される。キムタクは原作では主人公の万俵大介の息子・鉄平を演じるが、ドラマでは鉄平が主人公に設定されている。
 山崎氏の「華麗なる一族」は74年に出版され、これまでに115万部を突破。同年に映画化、連続ドラマ化された名作。関西財界の名門・万俵家を舞台に金融再編など政界・財界の黒い欲望を描く。今回のドラマでは原作同様、時代背景を70年代に設定しているが、主人公は万俵家の息子・鉄平(木村)となっている。
 「万俵鉄平というキャラクターを通じて“真のリーダーのあるべき姿”を表現したいと思いました。物作りに一生懸命で、熱くて、真っすぐで、周りの人を自然にひきつけていく魅力のある男…。あらゆる世代の人から支持され、圧倒的存在感を持つ木村さんにぜひ存分に万俵鉄平を演じていただきたい」
 TBSはこう木村起用の理由を説明。木村も熱いラブコールに応え「Good Luck!」以来4年ぶりのTBS連ドラ出演を決めた。原作の山崎氏も「木村拓哉さんの目には純粋さと悲しみがあります。そんな彼が万俵鉄平をどう演じ切るのか。はまり役となって“木村拓哉の『華麗なる一族』”と定着するようなドラマになることを期待しています」とメッセージを寄せた。
 木村は既に15日から撮影に入っており「この作品に参加させてもらえて本当に光栄です。その一言に尽きます」と熱い演技を約束。「視聴率男」の木村と「社会派」の大作を描いてきた山崎氏の強力タッグが新しい神話を生みそうだ。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

V6岡田「ビリケンさんお願〜い」

ジャニーズの人気グループ「V6」の岡田准一(25)が14日、大阪市浪速区の通天閣で、主演映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(28日公開)のヒット祈願を行った。展望台に安置されている木像「ビリケンさん」には足の裏をなでると幸運が訪れるという言い伝えがあり、「ビリケンさん、お願いします」とスリスリ。御利益にあやかろうとした。同地ではロケも行い、大阪府出身の岡田は「通天閣には小さいころにも来たことがあったので、すごい久しぶりでした。地元で撮れてうれしかった」と凱旋を喜んだ。
 本作はドラマ、劇場版第1弾に次ぐ、シリーズ最終章。この日は、劇中でおなじみのジャンパー姿で「5年前からずっと着てます。着心地よくて、思い出が残ってますよ」と感慨深げだった。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | V6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

赤西「先のことは分からない」

活動休止を発表した6人組人気アイドルグループ「KAT-TUN」の赤西仁(22)が13日午後9時、東京・港区のジャニーズ事務所で緊急会見を開いた。ファンには「申し訳ない」と謝罪したが、終始、淡々とした表情。脱退の2文字については否定したが、復帰については「先のことは分かりません」と答えを控えた。
 白いTシャツに黒いジャケット、迷彩柄のパンツで現れた赤西は、開口一番、「騒ぎを突然起こしたことに関しておわびを申し上げたいと思います。申し訳ありませんでした」とアタマを下げた。しかし、その表情はさっぱりとしたいつもの姿で涙もなかった。
 活動休止理由について「語学を勉強したい」と説明。「17、8歳ぐらいから留学したいと思っていた」としたが、留学場所や期間には「言えません」「申し上げられません」と繰り返した。
 現在の恋人はハーフのモデル。外国人の友達が多く、日常的に英語を使っている赤西にとって、実は留学しなくても、語学の勉強はいつでもできる環境。だからこそ「語学留学」という活動休止理由がいまひとつ、しっくりこないのも事実だ。
 脱退については「それは頭にないです」と否定したが、「状況次第なので、先のことは分かりません」とも。「戻る」「復帰」という具体的な言葉はついに出なかった。
 メンバーには「今年の大きな仕事『24時間テレビ』がひと段落したので」と1カ月前に事務所に集まってもらい活動休止を伝えたという。女性と一緒に海外へ行くのではないかという質問に、「それは絶対ない」ときっぱり。また、ソロ活動には「先のことは分からない」と言葉を濁した。
 会見開始から8分後には田口淳之介と中丸雄一がメンバーを代表して加わった。中丸は「びっくりしたが、前々から海外に興味があることは知っていたので」、田口は「僕らは後押しをしてあげるだけ」と語った。
 会見は約20分間。赤西は「大統領になって帰ってきます」と、最後はジョークで会場を後にした。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KAT-TUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。