2006年09月07日

タッキーが子供時代の秘話、心境を好演

滝沢秀明(24)が自分の半生を演じる舞台「One!」(東京・日生劇場)が6日、報道陣に公開された。両親の離婚など子供時代の秘話と当時の心境を次々と明かす異色の構成で、滝沢も演じながら手探りの部分を残していたが、2日目を迎え、上演中に涙ぐむ観客の表情が見えた。終演後は観客から総立ちの拍手も浴び「ジーンと感じてくれているようでうれしかった」。母の元で育てられた滝沢は小学生時代に反抗期を迎え、家出も経験した。過去を見つめる機会となった今回の舞台を踏んで「自分が今ここにいるのは母が産んでくれたから。今回の舞台で吹っ切れました」と感謝の思いを強めた。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

人気アニメシリーズ第6弾とタッキーのライブ映像が好スタート!

TVアニメ作品『Fate/stay night 6』が、8/29付デイリーDVD総合ランキングで初登場1位となった。同作品のシリーズは、前作までの5作がすべて週間総合DVDランキングでTOP10入りを果たしている人気作品。今回の好スタートにより、今作でもTOP10入りが濃厚となった。

 総合2位は、滝沢秀明のソロライブの模様などを収めた『HIDEAKI TAKIZAWA 2005 CONCERT〜ありがとう2005年さようなら〜』。2004年にソロとして初めての作品で音楽DVDチャート首位を達成した『DREAM BOY』に続き、2作目の週間音楽DVDランキング1位獲得の可能性が高くなった。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

今井翼が2度目のソロコンサートで入魂のステージを展開

人気デュオ、タッキー&翼の今井翼(24)が20日、東京・丸の内の東京国際フォーラムでコンサートを行い、昼夜2公演で計1万人を動員した。

 昨年に続く2度目のソロ全国ツアーで、「自分のスタイルを伝えたいから」とツアータイトルを「スタイル」と命名。構成や選曲、10点もの衣装などを自身でプロデュースし、「3週間かけて、1つ1つの振り付けから決めました」という入魂のステージを展開した。

 自作バラード「優しいだけのハーモニー」や、近藤真彦(42)から東山紀之(40)、そして今井へと受け継がれたフラメンコ調の名曲「アンダルシアに憧れて」に挑戦するなど、全25曲、2時間20分の見どころ満載のショーで魅了。昼の部では客席にいた事務所の先輩、東山が壇上に上がり、“タキツバ”の新曲「Ho!サマー」を共演した。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

病院のベンチで生まれた…タッキー、自身の半生描く衝撃の舞台

タッキー&翼の滝沢秀明(24)が14日、都内で行われたリサイタル舞台「One!−the history of Tackey−」の製作発表に出席した。

 舞台は2部構成で、注目は自身の半生を描く第1部。滝沢は「僕の実話の話。親が離婚していて経験したからこそ語れるものがある。ボクの歴史がすべて分かると思います」。自ら実母に取材したり、感じた事など自分史レポートを1週間かけて提出した。

 企画・構成・総合演出を手がけるジャニー喜多川氏によると、滝沢が病院のベンチで誕生した事など知られざる事実も盛り込まれ、ラストは老人になった滝沢が公園のベンチで死ぬ場面も描くという。また、ジャッキー・チェンらのメッセージ映像も使用する予定。

 衝撃的なエピソードが次々に明かされそうだが、滝沢は「暗くならずに」とした上で、「子供は何も考えていないようですごく考えている。家族皆さんで見てもらえたら。メッセージ性の強い作品になると思います」とアピールした。東京・有楽町の日生劇場で9月5〜28日。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

[PR] ≪こんな色のPCが欲しかった≫NECワイド液晶ノート(限定グリーン)誕生! 週間ヒットチャート<シングルベスト>=山野楽器

1.DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~
  .....サザンオールスターズ
2.Ho!サマー [CD+DVD]
  .....タッキー&翼
3.Ho!サマー [グッツ付限定盤]
  .....タッキー&翼
4.Ho!サマー [CDのみ]
  .....タッキー&翼
5.whatsoever
  .....米倉利紀
6.KEY OF HEART/DOTCH
  .....BoA
7.Salamander
  .....ELLEGARDEN
8.to U
  .....Bank Band
9.To the only...
  .....有花(ARIKA)
10.ONE WORLD
  ..... 吉川晃司
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

タッキー&翼“始球式ライブ”で神宮球場に登場

人気デュオ、タッキー&翼が、新曲「Ho!サマー」の発売日の9日、東京・神宮球場でプロ野球「ヤクルトvs巨人」戦に駆けつけ、シークレットライブを行った。

 同曲は8月末まで神宮球場で開催するヤクルト主催試合のキャンペーンソング。試合前と五回裏終了後にグランドに登場して披露した。

 また、タキツバとして始球式に初挑戦。今井翼(24)がピッチャー、滝沢秀明(24)がバッター、古田敦也監督(40)がキャッチャーという豪華スリーショットが実現した。

 試合前のライブを終えた滝沢は「いつもと違う緊張感があり、新鮮な感じで気持ちよかった」と感激。始球式ではお決まりの空振りに、「打ちたかった」と本音も。今井は「子供の頃から好きな野球場で歌えたのはすごく幸せ」と笑顔。始球式ではノーバウンドで魅せ「感動しました」。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

タッキー&翼がTOKIO歌った

人気ユニットのタッキー&翼が、TOKIOの国分太一(31)が司会を務めるNHK衛星第2「ザ少年倶楽部プレミアム」(第3日曜・後6時)にゲスト出演することになり1日、同局で収録を行った。

 番組では国分と滝沢でTOKIOの「LOVE YOU ONLY」をセッション。「ボーカルが変わるだけでこんなに世界観が変わるのか」(国分)、「いい緊張感で歌えた」(滝沢)とともに満足。先輩・国分がユニット結成の裏話も聞いたそうだが「番組を見てのお楽しみ」と意味深な笑みを浮かべていた。

 ほか、2人は番組で9日発売の新曲「Ho!サマー」も披露している。20日放送。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

タッキー&翼、新作への興味関心度は!?

8月9日にリリースされるタッキー&翼の7枚目のシングル「Ho!サマー」。シングル売上枚数の自己記録を大きく更新した前作「Venus」(最高1位、累積売上30.1万枚)で話題になった振付が今回もあり、踊れるサマーチューンに注目が集まっている。すでに、TBS系昼ドラ『がきんちょ〜リターン・キッズ〜』主題歌、東京ヤクルトスワローズの夏のキャンペーンソングとして球場内を熱く盛り上げるなど、おなじみの曲になっている。

 発売3週間前の調査では、楽曲を聴いた人の41.1%は“よいと思う"と答え、訴求力のある楽曲といえる結果がでた。女性は全体的に興味関心を持っており( グラフ参照 )、訴求力のある楽曲をいかに効率よく興味のある人たちに聴かせるかが大ヒットへのポイントとなってくるだろう。

 タッキー&翼「Ho!サマー」の 性別年代別による興味関心度グラフ は、ORICON STYLEで。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

タッキー&翼、「Venus」に続き踊れる振り付けつきニュー・シングル!

タッキー&翼が、今年1月のヒット・シングル「Venus」に続くニュー・シングル「Ho! サマー(ホッサマー)」を8月9日にリリースすることが決定しました!

約7ヶ月ぶりとなる待ちに待った今シングルは、「Venus」に続き、みんなで楽しく歌って踊れる振り付けつきのアゲアゲサマー・チューンだそう!

また、滝沢秀明と今井 翼それぞれのソロ・ライブがDVDとして発売されることも決定! 2005年9・10月に行なわれた今井 翼の初ソロツアー“Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24”の模様&各地のオフショット、コンサートを終えてのインタビュー映像を収録したドキュメントDVD『Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24』が8月16日に発売。そして8月30日には、滝沢秀明が2005年12月に開催した“ありがとう 2005年 さようなら”のライブ映像&追加映像を収録したライブDVDがリリースされます。どちらもお楽しみに!!

Ho!サマー(ジャケットA)(DVD付)15%OFF \1428
Ho!サマー(ジャケットB)(キーホルダー付)\1260
Ho!サマー(ジャケットC)\1260
posted by 愛音 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

日程 滝沢秀明リサイタル2006(仮)

場所*東京/日生劇場
最寄り駅*JR【有楽町駅】日比谷口より 徒歩10分
    千代田線/日比谷線/都営三田線【日比谷駅】A13出口より 徒歩1分

9/5(火)18:00
9/6(水)13:00/18:00
9/7(木)
9/8(金)休演
9/9(土)12:00/17:00
9/10(日)12:00/17:00
9/11(月)13:00
9/12(火)13:00/18:00
9/13(水)13:00/18:00
9/14(木)13:00/18:00
9/15(金)休演
9/16(土)12:00/17:00
9/17(日)12:00/17:00
9/18(月)12:00/17:00
9/19(火)13:00
9/20(水)13:00/18:00
9/21(木)13:00/18:00
9/22(金)休演
9/23(土)12:00/17:00
9/24(日)12:00/17:00
9/25(月)13:00
9/26(火)13:00/18:00
9/27(水)13:00/18:00
9/28(木)13:00


posted by 愛音 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

T&T ソロコンリリース決定

【滝沢秀明】Hideaki Takizawa 2005 concert〜ありがとう2005年さようなら〜 (仮)
発売日: 2006/08/30
価格: 4300円(税込)
2005年12月23日 大阪城ホール、25日 横浜アリーナの合計4公演で6万人動員した滝沢秀明ソロライブ「ありがとう2005年さようなら」のライブ映像に追加映像を加えた滝沢秀明ソロ初のライブ映像商品!! 更に義経を演じたショーや観客や子供とのMCに加え、タッキー&翼のヒット曲を滝沢ヴァージョンで収録!! 全21曲収録予定。 ※「Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24」(AVBD-91427)と「Hideaki Takizawa 2005 concert〜ありがとう2005年さようなら〜」(AVBD-91428)の連動応募特典あり。

【今井翼】
Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24 (仮)
発売日: 2006/08/16
価格: 4300円(税込)
2005年の9月から10都市で行われ総動員数6万人を記録した今井翼初めてのソロライブツアー「Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24」の映像を完全収録!! 今井翼の華麗なダンス・歌を余す所無く収録し、更に各地でのオフショットとコンサートを終えてのインタビュー映像を加えたツアードキュメント商品。また、ファン待望のコンサート用に制作された商品未収録楽曲「EDGE」「Slave of Love」「Rainy Memories」を収録。タッキー&翼で見せる今井翼とは、ひと味違った翼ワールド全開のDVD!! 全21曲収録予定。 ※「Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24」(AVBD-91427)と「Hideaki Takizawa 2005 concert〜ありがとう2005年さようなら〜」(AVBD-91428)の連動応募特典あり。
posted by 愛音 at 14:39| Comment(1) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タッキー自ら演じる…日生劇場で9月5日開演「リサイタル」

人気アイドルの滝沢秀明(24)が自分史を演じる「滝沢秀明リサイタル」が、9月5日から28日まで東京・日比谷の日生劇場で上演(37公演)されることが12日、発表された。24年間の自伝的内容で、トップアイドルの孤独や苦悩など知られざる姿が明らかにされる。

 バックダンサーとして修業を積むタッキーの視線の先には、まばゆいスポットライトを浴びて歌う自分。夢をかなえたはずなのに、孤独と苦悩を抱えていた−。企画・構成・総合演出を担当するジャニー喜多川社長が披露した、新作舞台の一場面。2部構成の1部では、幼少時代からトップへと駆け上がる歴史を、タッキー自らひもといていく。

 母親ら、これまでにかかわった人物も登場予定。タッキーは「きれいな部分より、ひとりの人間としての自分を表現したい」と意気込みを語った。

 今春の新橋演舞場公演に続く、年間2度の舞台は初めて。6月に米ラスベガスを訪問し、世界的イリュージョニストのフランツ・ハーラレイと合作したマジックも披露される。

 公演問い合わせは松竹演芸部(TEL03・5550局1686、午前10時〜午後6時)まで。
posted by 愛音 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

夏休みがやってくる!タキツバ新曲が神宮をジャック!

人気デュオ、タッキー&翼の新曲「Ho!サマー」(8月9日発売)が今夏、東京・神宮球場で行われるプロ野球・東京ヤクルトスワローズ主催試合のキャンペーンソングに決まり8日、発表された。今月17日から8月31日までの期間限定(15試合)で、試合前や試合の合間にダンスタイムを設け、観客と一緒に同曲を踊り歌うなど、楽しみが倍増する。期間中、2人が球場に駆けつけ生披露する予定もあり、今夏の神宮は熱く盛り上がりそうだ。

 神宮といえば、右翼スタンドの燕党が、東京音頭に合わせてビニール傘を上下させる応援スタイルが名物だが、今夏ばかりは、タキツバの新曲に乗った球場全体でのダンスタイムが、新たな風物詩となる。

 異色コラボで実現する期間限定の“夏祭りイベント”は、試合前と五回裏終了後に約1分30秒のダンスタイムを設置。夏らしい、ポップで明るく軽快なリズムの「Ho!サマー」が流れる中、観客と一体となって踊り、盛り上がろうという企画だ。

 タキツバといえば、前作「Venus」や「夢物語」などで見せた振り付けが、覚えやすいことで大ウケ、女性ファンだけでなく男性の間でも好評だ。今回もスタンドの野球ファンと一緒に盛り上がるべく、2人は波やシャワー、うちわなど夏をイメージした新たな振り付けをすでに完成させている。

 試合当日はバックスクリーンに球団公認のマスコット(つば九郎、つばみ、燕太郎)による振り付け映像を映し、ファンの参加を呼びかける。また、期間中、滝沢秀明(24)と今井翼(24)が球場に駆けつける予定もあり、大いに盛り上がりそうだ。

 所属レコード会社、エイベックによると、今回のコラボは、エ社側の申し入れで実現した。夏はファミリー層が多くなるだけに、かねてファンサービスの拡充企画「Fプロジェクト」を推進していた球団サイドも即、快諾した。古田敦也監督(40)も「ファンが楽しめる企画はどんどんやっていきたい。今年の夏は神宮球場で、歌って踊って盛り上がってもらえると嬉しいですね」と喜んでいる。

 滝沢は「夏!海!空!といえば、『Ho!サマー』といえるぐらい夏にピッタリの曲」と自信を見せ、「夏休み期間中は神宮球場でも“ホッサマーダンス”で盛り上がるみたいなので、僕たちも応援に行きたい」とコメント。今井も「大人から子供まで歌って踊れる楽しいサマーソング。僕の好きな野球で、この『Ho!サマー』が流れるので、いつかは選手やファンの皆さんと球場で踊りたい」とノリノリだ。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

タッキー感激!!武藤と“全日ラブ”

芸能界屈指のプロレス好きとして知られる滝沢秀明(24)が3日、東京・大田区体育館で行われた全日本プロレスを激励&観戦に訪れた。
 タッキーは小学時代に毎日会場へ通い、レスラーの出待ちをしていたという筋金入りのファン。脚本家の内館牧子氏とともに会場入りし「入った瞬間にテンションが上がりました。始まったら魂だけです」とリングサイドに陣取った。
 全試合を観戦したが、メーンの小島聡と太陽ケアの一戦ではリングに上がり、花束贈呈。新人時代から知っている小島を思い入れタップリに応援したが、勝利の女神はケアに微笑んだ。「小島選手が負けたのは残念ですが、新しいスター誕生の場面が見られて、すごく楽しかった」と話した。
 タッキー自身は00年3月、力道山メモリアルでアントニオ猪木氏と対戦した経験もある。「リングに上がりたいっすね。プロレスラーになりたいな。やるなら本気で。インリンがうらやましい。覆面ヒーローになりたい」と熱望するタッキー。「野球大会やってる場合じゃない!」とジャニーズプロレス大会計画もぶち上げた。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

今井翼 Summer Concert2006日程

大阪・フェスティバルホール
<地下鉄【肥後橋駅】より 徒歩約3分>
<地下鉄【淀屋橋駅】より 徒歩約7分>

8/12(土) 18:00
8/13(日) 13:00/17:00
東京国際フォーラム ホールA


8/19(土) 18:00
8/20(日) 13:00/17:00
posted by 愛音 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

今井翼ラジオでプロ野球生実況

タッキー&翼の今井翼(24)が、ラジオのプロ野球生実況中継に初挑戦した。16日、文化放送のライオンズナイターに出演。インボイス西武ドームで行われた西武−横浜戦で、熱弁を振るった。大洋時代からの横浜ファンということもあり、横浜球団の計らいで試合前練習にも参加。「実況は緊張しましたが、いい経験ができました。いろんな選手と触れ合えて楽しかった」と満足そうだった。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

タッキーら「第14回橋田賞」を受賞!

日本人の心や人の触れ合いを温かく取り上げた番組と放送人に贈られる「第14回橋田賞」(橋田文化財団)の授賞式が10日、都内のホテルで行われた。

 昨年のNHK大河ドラマ「義経」の活躍で受賞者の1人となった滝沢秀明(23)は「この年で素晴らしい賞を頂き、大きな宝物になりました」とあいさつ。財団理事長で脚本家の橋田寿賀子(81)は「やっと生の滝沢くんに会えた」と少女のように大喜び。会場から笑いが起こると「生を見たくて賞をあげたわけじゃないわよ」と付け加え、さらに笑いを誘った。

 ほかにドラマ「火垂るの墓」「熟年離婚」、NHK教養番組「歴史の選択」、脚本家の遊川和彦氏、泉ピン子、村田雄浩、米倉涼子、仲間由紀恵が受賞。同特別賞は脚本家の宮川一郎氏。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

タッキー感慨「滝沢演舞城」千秋楽

「舞台はやっぱり生き物ですね」。3月22日に火災騒動に見舞われた東京・新橋演舞場「滝沢演舞城」が25日に千秋楽を迎え、主演の滝沢秀明(24)が逆境を振り返り、乗り越えた心境などを語った。
 事件は公演中に起きた。劇場の地下部分から突然煙が吹き出した。異変を察知した滝沢は舞台上でスタッフに向かって舞台下を指さした。低温花火の火花が防災シートの間を通って紙吹雪に引火したのだ。幕を下ろし、公演は中止。「まさかあんなことになるなんて、びっくりしました」。消防車37台、救急車11台が出動。のどの痛みを訴える女性客やスタッフもいた。座長として全員の避難を確認するまで劇場に残った。「自分がしっかりしなければと思ってましたから」。
 公演中止という最悪のシナリオも頭をよぎったが、演出を手掛ける所属事務所ジャニー喜多川社長の尽力もあって、わずか3日間のブランクで再開。火を使用しない演出を余儀なくされたことにも「照明やセットに頼らず、自分たちの演技で勝負する気持ちがより一層わきました」と前向きにとらえた。同じ事務所の先輩近藤真彦からの激励も力になった。公演再開日に「みんなで頑張りましょう!」と声を掛け合い結束も強まった。
 初めて立った歴史ある舞台。初の2カ月公演。火災以降、毎日のように演出が変更される試行錯誤の日々…。4月半ばには肉体疲労もピークに達したが「ブレーキの利かない状態でした」といい、自分の肉体で演出の変更をカバーしてきた。肩幅は初日に比べて5センチも広がっていた。逆境を大きな経験にした滝沢はこうまとめた。「止まったらいけないんですよね」。【松田秀彦】
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

タッキー おわびの追加公演

22日にぼやが発生したため、中止されていた人気タレント滝沢秀明(23)が座長を務める東京・新橋演舞場の舞台「滝沢演舞城」が25日、再開された。3日ぶりに舞台に現れたタッキーは観客にあいさつした。追加公演も4月12、17、24日(開始はすべて午後1時)に決定し、中止となった3公演(22、23日)を観劇予定だった観客に優先的に予約を受け付ける。
 開始15分。3日ぶりに舞台に立った滝沢は花道で「このたびは大変ご心配、ご迷惑をおかけしました」と満員1400人の観客に頭を下げ謝罪。「豊臣秀吉様は3日で城を築き上げたという伝説がありますが、滝沢城は何と1日で城を築き上げました」と高らかに“開城”を宣言した。
 この日会見した松竹の安孫子正専務取締役(58)によると、出火原因は花火の火が舞台下に落ち、そこに落ちていた紙ふぶきに引火して出火したもの。消防の指導により一切の火の使用をやめたため、クレーンのゴンドラの下に花火が滝のように流れる場面など3カ所で花火なし、またはたいまつの火を照明に変えるなど演出を変更。ゴンドラの場面では黒い支柱がむき出しに。
 また火災でスプリンクラーが作動し、水浸しになったため、舞台のせり(中央の昇降ステージ)や盆(周り舞台)の機材の復旧まで最低5〜7日かかる見込み。義経の五条大橋の名場面など演出に支障が出た。
 企画・構成・総合演出を手がけるジャニー喜多川氏は「お客様を待たせるわけにはいかない。火がなくてもせりや盆が使えなくても十二分に満足していただける」と自信。通常より3曲多く歌を披露し、延べ3時間半の舞台を務め上げた滝沢は「こんなに早く再開できて、正直ホッとしています。これから先、同じようなことがないよう(にしたい)」と最後に座長のあいさつ。
 カーテンコールには後輩KAT―TUNの亀梨和也&赤西仁が応援に駆けつけ「演舞場の“演=炎”になっちゃったよね」(赤西)と軽口を叩かれる場面もあった。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

「滝沢演舞城」再開後は火気厳禁

東京・中央区の新橋演舞場で公演中にぼやが発生、中止されていた滝沢秀明(23)座長の舞台「滝沢演舞城」が、25日から再開する。

 同劇場は24日午前、管轄の京橋消防署に改善点を申請し許可を得て、同日、公式ホームページで「復旧作業が終わり、安全の確認が取れました」と発表した。公演では花火とたいまつを使う場面があったが、出火の原因とみられる花火を含め、火の使用を一切とりやめる。火に代わる演出は未定。

 もともと休演日だった24日は、滝沢も参加して演出の変更などの最終調整を行った。25日昼の公演では座長として観客に謝罪する。

 滝沢は24日、所属するジャニーズの携帯サイトでファンにあらためて謝罪、「皆さんの温かい拍手を頂けるよう、さらに頑張ります」と記した。
posted by 愛音 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タッキー&翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。